子育て支援の助っ人、ママでもなくばーばでもなく。

2010年11月17日 15時44分 | カテゴリー: トピックス

「やまださ〜ん」最近、駅前や電車の中で 若いお母さんやお子様たちに呼びかけられます。回らない舌で「まやださん」と呼ばれることも。
ママでもなく、ばーばでもない存在、それが私たちヘルパーステーションみんなのいえを象徴しています。

介護保険事業と共にもう一つの柱である独自事業の子育て支援では、若い方々の様々なお困り事に対応してきました。双子ちゃんのお世話はママが退院してすぐ応援要請がありました。なかなか体調が戻らない高齢出産のママからは、体調を崩される度に「急ですが来てくれますか」とお電話を戴きました。断らないをモットーに対応してきました。

ここに横浜市産前産後ケアへルパー派遣事業の仕事が加わりました。産前産後のお母様の日常生活の支援をします。現在私は2軒のお宅に伺っています。どんなに元気な方でも産前産後は不安なものですが、自分が体調不良では不安も一層募ります。そこでベテランの家事能力を発揮し掃除、調理、赤ちゃんのお世話と奮闘する訳です。

何よりの楽しみは、ママとの会話。30年前の経験でいいですかと大昔の話をしますが、皆さん喜んで聞いてくれます。私の話でも聞いて下さるんだと、逆に有難く思ったりしています。利用者さん達の「ありがとう」「助かりました」の声を励みに、これからもエプロン片手に頑張ります。

 (ヘルパーステーションみんなのいえ 山田淨子)